魚の捌き方(3枚おろし)

基本とポイント
@詳しくは「魚の捌き方、3枚おろし、大名おろし、スズキの捌き方」等で検索してください。
*包丁を背中側から入れるとか、尻尾の向きとかは特に気にしなくてもいいかと思います。
 背中側と腹側から、中骨に向かって包丁を入れて、腹骨(ろっ骨)が切れれば分かれます。

Aかなり生臭いバスは、捌く前に塩をふってこすり、水でぬめりを洗い流した後に、キッチンペーパ等で水をふき取ります。

Bあまり生臭くなく、皮を剥ぐ場合は、鱗は取らなくてもいいかなと思います。

C白身魚は絞めてから、1,2日冷蔵保存すると蛋白質が分解されて、うまみ成分(イノシン)が形成されるそうです。

D骨が硬いので、包丁はしっかりと研ぎましょう。

E料理の下ごしらえの時に切り身に塩をふって、しみ出てきた水分をキッチンペーパーでふき取ると、身がしまり、臭みも取れます。

☆食べるために釣ったバスは、その場で尻尾と頭を切って血抜きをします。
 尻の穴から腹を割いて、内臓を取り出して、ペットボトル等の水で腹を洗って、キッチンペーパーで水分を取り、袋に入れてクーラーボックスへ!!
 ブラックバスなので、その場で絞めるのは人目が気になりますが、魚は鮮度が命です。クーラーボックスの中で、もがいて死んだバスは生臭くなります。せっかく食べるので、釣ったら即死させて、血を抜きましょう。

--------------------------------------------------------------

三枚おろし@

三枚おろしA

三枚おろしB

三枚おろしC

三枚おろしD

三枚おろしE

三枚おろしF

三枚おろしG

三枚おろしH

三枚おろしI

三枚おろしJ

a.胸ビレの所から出刃包丁を入れ、中骨の所まで切り込み、
 反対側も同じようにして頭を切り落とします。




b.尻の穴から頭に向かって腹を切って、内蔵を取り出します。
 水で腹の中を洗い、水気をキッチンペーパーでよく拭きます。




c.背ビレが下の切り身に残るように、頭の方から中骨に沿って切り込み
ます。この時に腹側の腹骨も切り離しときます。
 バスが大きいときは、最初に軽く包丁の通り道を切っておくと綺麗に切
れます。



d.バスの向きを変えて、尻尾の方から腹に向かって腹側を切り、2枚に
おろします。









e.おなじように、背ビレが下の切り身に残るように、尻尾の方から中骨
に沿って切り込みます。
 この時に腹側の腹骨も切り離しときます。
 バスが大きいときは、最初に軽く包丁の通り道を切っておくと綺麗に切
れます。


f.バスの向きを変えて、頭の方から尻尾に向かって腹側を切り、3枚に
おろします。




g.尻尾の付け根を皮を残して切り込みます。





h.ゆっくりと皮を切らないように皮を剥ぎます。 












i.腹骨を包丁で漉き取ります。小骨(血合い骨)が気になるならピンセットで抜くか、包丁で切り取ります。
j.切り身を水洗いして、キッチンペーパで水気をふき取ると完成です。
関連するキーワード:魚の捌き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。