ブラックバスの塩焼き


材料

 バスの切り身・・・・・・適量
 塩 ・・・・ ・・・・・・・・・・少々

 

@ 下ごしらえ
 バスを3枚におろし、薄く塩をふる。
 約10分後、キッチンペーパで水気をよく拭く。
A 焼く
 魚グリルで焼きます。

(番外) テリ焼き
 酒:醤油:味醂を同じ割合で混ぜます。分量はお好みで! 砂糖も少々。混ぜたタレで、焼くと照り焼きの完成。

 実は、西京漬けにする前の、塩を振って余分な水分を抜いた切り身を、そのままグリルで焼いただけです。
 塩を振って、身を引き締めないと焼いた際に身が崩れやすいです。
 見た目は真っ白、ホクホクで、味は、淡白な白身魚です・・・ただ妙な生臭さが口に残ります。さすがに塩だけだと生臭さが残りますね。
 味見して今一歩なら、そのまま照り焼きにしてしまうと、一気に美味しさがアップしますよわーい(嬉しい顔)


ブラックバスの塩焼き



関連するキーワード:ブラックバス料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。