八郎潟



 秋田県大潟村に位置する八郎潟は、かつては琵琶湖に次ぐ日本第2位の面積を誇る汽水湖だったが、戦後の食料増産を目的とした干拓事業により、現在の姿となった。八郎潟は大きく分けると残存湖と呼ばれる本湖エリアと東部承水路、西部承水路に分けられ、全域に渡り水深の浅いフラットランドレイクで最深部でも水深5m前後です。湖岸線には護岸、アシ、クリーク、沖にはウィードや浚渫跡など変化の富んだフィールドでアベレージサイズも35〜40cm前後とコンディションも非常に良く、50cmオーバーも数多くキャッチされています。
 (情報元:スポニチ全国の釣果情報

 ぴかぴか(新しい)八郎潟・釣りの最新情報ぴかぴか(新しい)




関連するキーワード:釣果情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。