知多半島野池巡り(100410)



 本日、知多半島の野池をラン&ガンしてきました。
 コースは、衣浦大橋から知多市、常滑市、シークレット(Se9ret's)さんで買い物&情報収集、武豊、夕マズメに衣浦西提で晩御飯をゲット・・・できずわーい(嬉しい顔)

 さて、知多半島の野池巡りは数年ぶりです。年に何回かは美味しい思いをした野池にダイレクトに釣行はしていましたが、野池探し自体は久々です。
 知多半島の野池ですが、幹線道路沿いにある野池は、ウルトラ激スレフィールドです。今回30〜50cmの見えバスが何匹も見えた野池がありましたが、岸際に立ってない状態(土手の上から、偏光グラスでチェックしている段階で)、人の気配を察知して、水草に隠れます。そしてハードルアーの着水と同時に一目散に逃げます。ワームを通しても見向きもせずに視界から消え去りますがく〜(落胆した顔)
 なんせ、どの野池に行っても、先行者がいますからね〜。

 で、幹線道路沿い以外にも野池は大量にある(カーナビに表示されている)のですが、この細道に入るのが難しいです。後ろから車がついて来ていると、のんびり探しながら走るわけにもいかず、大半は細道がわからずスルーしてしまいます。
 うまく細道に入っても・・・駐車スペースが無い、バックで帰るハメにもうやだ〜(悲しい顔) 物理的に車で行けないがく〜(落胆した顔)

 とまあ、穴場の野池を知多半島で探すには、原付か自転車で地味に探した方が、あとあとパラダイスにめぐり合う可能性が高そうです。
 車だと、どうしても駐車スペースとか、道幅の問題で似たような野池にしか行けないからね〜。次回は自転車を積んで、武豊市とか知多市・常滑市と市単位で探ってみます。(と考え中。結構、山道が多くていい運動になりそうだ。)

 さて、本日巡った知多野池の紹介です。野池のブラックバスポイントを公開するのを嫌がる人がいるけど・・・自分は他の人の情報が欲しいから、自分から公開しています。

 野池に釣りに行く際は、違法駐車をせず、マナーを守ってくださいね。

 詳しい?内容は池の名前をクリックしてください。写真を載せています。

@知多市大興時西渕馬の知多墓園にある野池(西渕馬池)
 駐車場、トイレ完備! 池は歩いて一周できます。先行バサーが一人いました。ブルーギルは浮いていました。

A知多市旭南中学の隣の池(カンダ池)
 知る人ぞ知る、イヨケンのDVDで爆釣していた野池です。先行バサーが二人。フナ釣り三人。数年ぶりに来ましたが・・・釣り禁止になっています。

B常滑市常滑高校側の三段池(四井池、四ッ池)
 常滑市にある三段池です。車の駐車スペースは少ないです。どの池も護岸・道沿い付近しか釣りができません。大半のバスは届かないところに隠れているでしょうね。

C常滑市のルアーショップ シークレット(Se9ret's)
 今回の知多巡りの理由の一つである、スキーニーシャッドを買いに来ました。最近岡崎248や名古屋41・長浜のポパイのイヨケンブランドのワーム(プリティーシャッド、スキッピングシャッド、スキニーシャッド等)の在庫状態がめっちゃ少ないです・・・もう扱わないのかな〜。
 57cmの自己新バスはスキッピングシャッド、河口湖で超入食いしたプリティーシャッド、何故か琵琶湖でスキーニーシャッドにしか反応しなかったなどなど、結構好きなワームなのにな〜。
 (訂正:お店の名前はセキュレッツと呼びますm(..)m )

D常滑港で海釣り(様子見)
 ぐるっと一周してみました。港内は野池みたいに濁っています。名鉄の「りんくう常滑駅」側の新しい船溜まりには、駐車場が満車でファミリーフィッシングの人であふれていました。

E常滑市三反田交差点そばの野池
 上の池と、下の池はつながっているのかは不明です。ガラっと性格の違う野池です。下側の池はウィードに覆われた皿池。上側の池は人が踏み込めないダム型の野池です。
 今回の野池巡りで初めて来たところです。両方の池とも生命感は二重丸。幹線道路沿いのためプレッシャーは三重丸ですわーい(嬉しい顔)どんっ(衝撃)

F衣浦西提
 晩御飯のおかずに、カサゴかアイナメをゲットしようと思って夕マズメに訪れましたが、玉砕。前回ホッグ系ワームできたのはたまたまか・・・。セコ釣り(ガルブの細切りとか)だと、小さなメバルやカソゴになってしまうからな〜。
以前の西提釣行記はこちら
 
 と、ブラックバスも晩御飯も釣れず。唯一釣れたのはボウズ逃れに、無理やり釣ったブルーギル。背中に針をかけて、泳がせて見ましたが、そんなんで釣れたら苦労しないたらーっ(汗)

 さ〜て、運動不足を感じたら自転車で野池めぐりをするぞ〜るんるん


関連するキーワード:釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。