大井漁港・師崎港・豊浜港(100404)



 本日は絶好の釣り日和。日中は暖かいと予想していましたが、最低2℃・最高16℃とまま小春日和ですが、思ったよりは朝方は寒かったです。
 実は前日にバッテリを充電して、ボート釣り(琵琶湖でゴムボートか、三河湖でレンタル)しようと用意していたのですが、朝3時ごろに起きたのですが、無性に寝起きが悪く、やる気が起きなかったので、今年初ボート釣りはお流れになりました。
 (なんせ朝寒いし、この時期のボート釣り苦手なんですよね〜あまりいい思い出が無いですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 なのでしっかりと二度寝?して、朝8時ごろからぶらっと、昼間明るい時に下見したいと思っていた知多半島の漁港を巡ってきました。

 結果はクーラーボックスいっぱいの食材!!
1004046.jpg

 を、衣浦トンネルの側にある肉のびっくり市で購入してきましたるんるん さすが土日しかやってないお店! バーベキュウの買出しにピッタリなお店でした。ちょっと体に悪そうな赤ウィンナーが1kgで売っていたので、ついつい衝動買いモバQ

 と、いきなり話が脱線しました・・・。
 釣果は、様子見で竿を出した衣浦西提で、23cm程のアイナメをゲット。クーラーボックスを持ち歩いていなかったので、その後15分ほど探って、クーラーボックスにしまうため駐車場に戻りました。ワームはマルキュウの2インチホッグ(カソゴ職人じゃない・・カサゴ職人)のグローホワイト。岸沿いのベタ底リフト&ホールで。
1004041.jpg

1004047.jpg 1004048.jpg

 このアイナメは空揚げにして、塩で頂きました。ご馳走様レストラン

 さて、タイトル名の漁港巡りですが・・・いま一つの結果となりました。どうも琵琶湖の漁港と違って、足元が高くて、壁にフジツボがあるは、ワカメがユラユラしているは、歩くところは網やロープが散乱しているはで、ルアー釣りがやりにくい場所でした。
 大井漁港、片名漁港、師崎港、豊浜港どれも知多半島では有名な釣りポイントでして、堰堤の先や、釣りのしやすいところ、テトラの入っているところ等は、もう釣り人がいっぱい!、子連れのファミリーフィッシングもいっぱい!! と少し岸壁でワームを落とすぐらいしか釣りができませんでした。
 海の漁港は、ルアー釣りがやりにくいなというのが、実感です。足場が高く、バス用のロッドだとまともに操作は出来ないし、岸際のフジツボに針が刺さるし、漁師さんの商売道具の散乱具合は琵琶湖の漁港と比べ物にならないぐらいです。さらに船の量と、係留ロープの垂れ下がっている量が多いこと、ほんとへチ釣りしかできませんね。

 自分的には衣浦西提が今のところ、一番しっくりルアー釣りができます。ヘチの根魚釣りも、シーバス狙いでハードプラグも扇状に満遍なく投げれるし、ものすごい歩くから、いい運動になるしわーい(嬉しい顔)
 今週はクロダイが爆釣だったらしいので、あわよくばワームでクロダイを今度釣りたいですね〜。

大井漁港 豊浜港
 大井漁港と豊浜港の写真。


関連するキーワード:釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。