野池バス釣り(100328)



 え〜と、ボウズですもうやだ〜(悲しい顔) 今年初野池は玉砕しました。風もなく小春日和でしたが、バス・ギルの姿すら確認できませんでした。
 最低5℃、最高14℃が本日の気温です。数日前の冷え込みで水温は下がり気味なのか、フナ釣りの人も渋い渋いと連発していましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 来週の日曜日は、三寒四温の暖かい日4日目の予報(Yahoo!天気だと)なので、結構期待しています。問題なのが土曜日が会社だということ・・・日曜日休みのみで琵琶湖行くと疲れるからな〜、矢作川巡りしようかなひらめき

 さて、本日は岸際はいつものシャッドシェイプのミドストもどきをし、結構ヤブコギしましたが全然見える範囲に見えバス・ギルがいないため、遠投にきりかえました。

 そこで使用したのが、最近購入したメバル用の飛ばしウキ、スプリショット用途のオモリです。オーシャンルアーていうブランドから、アクティブシンカー(フロート)という名前で販売しています。
 何故これを購入したかと言うと、最近ラインをPEの0.8号(シマノのPOWERPRO)にしたため、噛み潰しだとラインブレイクの可能性があったためです。あとやはり夜の釣りでは、リグの交換が大変なためでもあります。
 スプリショットのオモリが一個二百円と破格な値段になりますが、今の所根ガカリもしにくく、スプリショットリグ、ライトテキサス、飛ばしウキと糸を切らずに替えれるのは、とても便利です。頭を削った釘を用意するとオモリが作れるしひらめき

 で、本日野池で使いましたが、PE0.8号+5gテキサス(アクティブシンカー)+ガルブの切れ端、ものすごい飛距離ですわーい(嬉しい顔) 丹念に底をずる引きすると、PEラインのため底の状態が掴みやすく、今硬いものの上を乗り越えた、なにかに当たった、と感度も抜群です。ただそこでステェイさせてもバスはおろかギルすらも釣れませんでしたが・・・。

 なお、アクティブフロート(飛ばしウキ)も使いましたが、こちらは海仕様のため野池ではオモリを内蔵(自分で調整できます、さらにケミホタルも挿入できます)しなくても、結構な勢いで沈みますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗) 今回はジグヘッドを結んでいたので、ゆっくり巻くと、底まで沈みました。

 このアクティブシンカーリグを、今年はバスにも使ってみる予定です。さ〜て大きなバスはいつ釣れるかな〜。
アクティブシンカーリグ



関連するキーワード:釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。