長浜港・彦根港(100123)



 今年2回目の琵琶湖ブラックバス釣りに行ってきました。
 結果は

 激荒れ完全ノーバイト

 です。
 いつものメンバーで行き、二人は前回爆釣していた人のリグ(盗み見の)、三つ又式のヘビキャロライナリグというやつを使用したのですが、ノーフィッシュ。
 自分は1ozのヘビキャロを投げる竿が無いため(クランク竿で感度が必要なヘビキャロやる気がおきなかったあせあせ(飛び散る汗))、冬こそネッチリと攻める(byタク石黒)とルアーニュースに載っていたのを参考に、護岸の足元をダウンショットでテクトロ、テクトロ、ひたすら護岸の際を攻めて・・・玉砕。

 さらに、大学のヨット部があるほうの突堤で、シャッドルアーを2個も紛失。ウルトラスレッジとビーフリーズの両方アワビ貼りのあまり売ってないタイプですもうやだ〜(悲しい顔)

 ウルトラスレッジは結んで、第一投を護岸沿いに引いて泳ぎを確認し、テトラ側(ヨット部に向かって)に投げたら、
 ゴン、うん?? なんでテトラからだいぶ離れているのに、スタックするんだ??? と思って軽く引っ張ると、プチっとモバQ
 切れ口が裂けた感じになっていたため、先週海釣りで使用したときに根ズレしていたのかなと凹みました。

 ところが、ビーフリーズ65ロングリップに結び替えて、第一投をテトラから10メートルぐらい離れた所に投げて、巻いてくるとまた

 ゴン、また根ガカリかと思い、引っ張るとドラグがジーーーーーーーと出る、そのときは手が寒さでかじかんでいたので、引っ張りすぎ・ドラグが緩いから糸が出たのかと思っていましたが、根ガカリが外れたと思って回収始めると

 ぬお〜竿がブチ曲がるるんるん 水面にルアーを外そうとモソと出てきたのは推定80cm以上はある巨ゴイ、あ〜これがバスだったら世界記録だったのに・・・で、なんとこうゆう時に限って、タモが無い(会社の先輩の車に置き忘れていて、前日会った時に「どうせ釣れないから要らないですわ」と引き取りにいかなかったのが;;)、タモがあっても取れなったかも知れないけど、とりあえずラインがヒレで切られて終了バッド(下向き矢印)

 なんとも釣れないわ、ルアー失くすわで悲しい結末。続く長浜港でもボウズ(自分はほとんと仮眠していました夜)。渋いぞ琵琶湖がく〜(落胆した顔)

 なお、帰りに「メバル超入門」というメバル用ルアー取り扱い本を購入しました。今年の目標はルアーでメバル・カサゴ・アイナメを釣ること、そして食べるぞ!
 始めた頃のバス釣りと同じで、いまだにワームやプラグで海のフィッシュイーターが釣れないんですよね。今年は行く機会が増えそうなので、一匹は仕留めたいと思いますわーい(嬉しい顔)

ブログランキングに参加しています。
 ブラックバス料理を世の中に広げるために、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
 ポッちとお願いしますわーい(嬉しい顔)
 



関連するキーワード:釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。