彦根港(100111)



 3連休最終日は、琵琶湖にブラックバス釣りにいってまいりました。結果は、う〜んあいかわらず渋いふらふら たまたまヤマハ造船所?の裏手の水路で、ダンクで釣れた一匹のみです。一緒に行った釣り仲間も同じサイズが数匹です。
 ま〜今年初フィッシュがハードルアーできたから幸先いいスタートとしましょぴかぴか(新しい)

今年の初バス


 なお今回の釣行で発見がありました。本港側突堤で先客さんがいたのですが、この人たちが結構いい感じに30cmぐらいのブラックバスを釣り上げていたんですよね。1,2匹ならたまたまかと思うのですが、5,6匹は釣っていたので何か秘策?があったと思います。
 門前小僧状態で眺めていたのですが、発見したことは
@突堤の「ノ」「ッ」「ト」の看板の辺りから、赤灯台に向かって超遠投。オフセットフックに3インチぐらいのホッグ系ワーム、仕掛けはなんていうのだろう・・・天秤仕掛けのオモリ側にもリーダが30cmぐらいあって、針側が60cmぐらい・・・書きにくいな〜、針2本使うヘラ釣りの上針がオモリになっていたような仕掛けでした。飛距離からして30g以上のオモリだと思います。

 場所的にミオ筋が交差(水路側と観光船乗り場)していて、ブラックバスが集まりやすい場所かもしれませんね。

1001112.jpg

 他のA〜Eは僕が好きなポイントです。釣れる時は護岸をテクトロするだけで釣れるのにね〜。冬は難しいです。

ブログランキングに参加しています。
 ブラックバス料理を世の中に広げるために、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
 ポッちとお願いしますわーい(嬉しい顔)
 



関連するキーワード:釣行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。