メガバス DEEP-X300



DEEPX-300 DEEPXシリーズ

 メガバスのディープクランク兄弟の長男、DEEPX-300です。兄弟の中で一番大きく、小さいほうからX-100、X-200、X-300です。
 購入前は数字の大きさ、300だったら3メートル潜ると思っていましたが、実際は数字の1.5倍〜2倍ぐらいかな〜。
 琵琶湖の攻略のために、3兄弟購入していました。晩秋のウィードが減ってきたら、投げまくりですねわーい(嬉しい顔)

 DEEPX-100とX-200は、POP-Xと一緒にメガバスの黄金時代を築いた有名なルアーですね。今更僕が言うことはありません・・・というか有名な時は品薄で使えませんでした。今は廃れたのか?カラーを選びたい放題で買えます。
 最近はIKクランクとか、琵琶湖のウィード3メートルラインを・・・と新しいクランクがどんどん出てきたので、メガバスのDEEPXシリーズが穴馬ではと思って購入しました。
 雑誌でクランクとバイブは、目だってナンボのルアーなので、派手系のカラーがいいと載っていますが、自分はアユ系カラーです。アユカラーが一番信頼しているから。今ある一軍ボックスはすべてアユカラーですからね〜。ホットタイガーとか、ブルーバックチャートとか有名な色ですが・・・自分の信用度は0ですあせあせ(飛び散る汗)なので信じてなげれないので、ますます投げない、いたちごっこですな。

 さて、DEEPX-300の使い心地です。ロッドはシマノ610クランキング(ファイナルディメンション)、ラインはナイロン12ポンドで、引き心地はブルブル感がしっかりきます。マッドペッパーはぬめ〜ですが、これはブルブルです。さすがに2時間とか使い続けると腕が痛いですね。
 飛距離はマッドペッパーと比較すると、すこし遠くに飛ぶかな〜。
 ダム湖のおかっぱり、岩盤地帯でも何十投もしましたが、スタックしても浮力で浮いてくることが多いです。ダウンショットよりある意味根カカリに強いです。
 ディープクランクはボートだと地球を釣っても救出が容易ですが、おかっぱりだと結構大変です。前述の岩場は針がささらないため浮力や、穂先をあおる程度で外れますが、よく困るのが

 他の切れて、沈んでいるライン

 です。これがクランクの敵です。先日の釣行でも20ポンドぐらいのラバジの付いた糸に絡まり、その上それが切り株にからまり・・・もう大変でした。

 おっと、またまた話が脱線。クランクの話になっているや。
 メガバスのDEEPX-300の釣果ですが、先日おかっぱりでコバスを4匹ゲットしました。
 あの大きさでも、25cm級のバスが釣れます。驚きでした。さらにメガバスの「かつあげフック」かな、いい威力です。アウトバーブがいいのか、あの形がいいのか、口ではなくバスの顔の横にかかったのが内2匹でした。確かに、かつあげされていましたよ。

 ブログランキングに参加しています。
 ブラックバス料理を世の中に広げるために、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
 ポッちとお願いしますわーい(嬉しい顔)
 
 


関連するキーワード:タックルインプレ
この記事へのコメント
なんか久しぶりにPOP-Xって言葉が出てきましたね。^^
DEEPXは余り使ったことがないように思いますがPOP-Xは実弾として使用して、ホントに他と比べても良く釣れたと思いますヨ。
ただ、引っかかったときの精神的ダメージが大きかったですね〜。

マッドタイガーなんてもったいなくて使えなかったけど、今はすぐに手に入るんでしょうね。^^;
テムジンとかも手に入らなかったですね〜
Posted by wwpower at 2009年10月17日 23:05
 POP=Xは、当時は1万円の福袋を買わなければ手に入らなかった商品ですよね〜^^
 ただ残念ながら、自分とは相性が悪く数匹しか釣れてないな〜。他のトップと差が無い感じでした。
 
 最近はシーバス、エギングにアジングにメバリングにチニングと、さらにインチクとか弓角とか、新しい釣り?が増えて、めっきりバス釣りは勢いがなくなりましたね。
 ま〜もう少し減った方が、ポイント選びたい放題、魚もスレないのでそのほうがありがたいかな^^
Posted by コン太郎 at 2009年10月18日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。