HE-57C カラー液晶魚探



エレキXとHE−57C

HE-57C カラー液晶魚探

 ボート釣りで使用している、ポータブル系の魚群探知器です。メーカーは本田電子株式会社(HONDEX)です。電池式ですが、念のためバッテリーにつなげる線も常備しています(二度、電池切れのミスをしたから;;)。電池はエネループを8本使用しています。だいたい夏場、丸一日使うと電池がなくなります。何回か半日づつ使い、3回目か4回目か充電せずに使おうとしたら、すぐに電池切れになったことがあります・・・。

 振動子と水温計はエレキXに取り付けています。持ち運びする際は、魚探は写真の緑色の工具箱に入れて、使用するときはその工具箱を土台として使っています。我ながらナイスな日曜大工でしたわーい(嬉しい顔)

 他の魚探を見たり触ったりしたことがないため、このHE-57Cの単独評価ですが、自分は満足しています。
 深さと水温がわかるだけでも、とてもありがたいです。
 魚探のせいではなく、自分の勉強不足のためですが、画面を見て、「これはエビモ、これはカナダも」とか分かりません。「これがバスで、これはコイ」とかもわかりません。「沈み根なのか小魚の群れなのかも」わかりません。

 ただそこに何かあるというのはわかります。広大な琵琶湖で使うと、背の低い水草か、底にべったりの魚か、ぐらいしか反応しない時があり、中層になにも反応がないと、さすがに見切りやすいです。

 振動子をエレキにつけているため、2馬力エンジンで進む時にはエレキを揚げるため、魚探写りません・・・。ただ広範囲を探りたい時にエレキだとバッテリーがもったいないので、エレキを降ろしたまま、ゆっくり2馬力エンジンで進む時あります。今の所エレキ壊れていませんが・・・ちょっと怖いあせあせ(飛び散る汗)

 ゴムボートやフロータには、このHEー57Cはお勧めです。でも配線に困らない大きなゴムボやアルミには、やっぱり2周波装備の上位機種がいいと思いますがわーい(嬉しい顔)

 ブログランキングに参加しています。
 ブラックバス料理を世の中に広げるために、応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
 にほんブログ村
 ポッちとお願いしますわーい(嬉しい顔)



関連するキーワード:タックルインプレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。