駆除に関しての回答1.(返信1.)



 先に断りをいれさせてもらいますが、お互いの前提(自分はバス釣りをしています。ブラックバス擁護派です。)が違うので、どおしても平行線になる問題です。喧嘩腰の文章にならないように気をつけていますが、文章が気に障るかもしれません。よろしくお願いします。

 回答1.

在来魚との共存は不可能なんじゃないのかな?

在来魚を増やす方法でブラックバスも増えるんじゃねーの?

閉鎖環境の沼や池では、完全駆除です。っていうのには賛成するけど、
もっと大きな視点で見れば、日本そのものが閉鎖環境だったんだけどね。
結局マナー守らず入れちゃうバカがいるんでしょ。

結局マナー問題なのかもしれないから、バスの駆除より釣り人の駆除を先にした方が早いかもね。


 この回答についての返信。

 在来魚を増やす方法で、もちろんブラックバスも増えると思います。
 在来魚の保護が目的なので、ブラックバスが増えてもいいのでは、と思います。

 マナーが悪い人がいるから、せっかく駆除した池にまたブラックバスが繁殖する。そうですよね、自分は放流したことありませんが、誰かが放流しないと繁殖しないですよね。
 でも中には、一部の池(愛知県の場合、知多半島の野池群の多分半数)は、愛知用水でつながっているように、人間が放さなくても稚魚が回ってきます。
 しかし、隅々までいきわたるのは、残念ながら人間の仕業ですよね。それもまとまった数を放流できる人(業者、個人でもボート等のライブウェルで生かすことができる人)。
 と、なると日本全国で、一斉にブラックバスを絶滅させない限り、いたちごっこの繰り返しですよね。だからブラックバスを駆除するのは、無駄ではないのかというのが僕の考えです。

 戦後アメリカが釣り禁止を命じていたとしても、富士五湖と琵琶湖の実験設備から逃げたブラックバスとブルーギルは繁殖していたと思います。だから釣り人を駆除できればと怖いこと言わないでね、今以上の拡散はなくなるけど、釣り人がいなくなっても根本的な問題は解決されないと思います。
 食用カエルも、そのエサのアメザリも、ブラックバスもギルも食用のために日本に役人・研究者が持ち込んだものです。それが逃げた、持ち出されたのが始まりです。
 昨今では、ペットのアライグマや、外国の昆虫、熱帯魚・・・どれも軽い気持ちで日本に入ってきて、飼育され、放されていく。

 結局、ブラックバス問題等の外来種問題を真剣に考えるのは、学者と、外来種のために被害を被る人(特に業魚、農業、林業)と、外来種で利益を受けている人(特に釣り業界、ペット業界、愛好者)の3者で、残りは気にせず生活しているんだなと思います。
 自分も、近くの川にデカイバスがいればワクワクしますが、その川にピラニアやワニが繁殖しても、へ〜怖いな程度で済むかもしれません。近所の山に東南アジアのカブトムシや、アライグマがいても困りません。自分も含めて、こんな考えの人がいっぱいいるから外来種がどんどん侵入してくるのですねきっと。
 となると、人間を駆除しないと、在来種はいつまでも危険な目にあうということですね。

 えらく話が脱線しましたが、

 在来魚の保護の結果、ブラックバスが増えても、在来種も増えていれば、生物の多様性は良好な方に向かうと考えます。
 在来種が増えても、その分ブラックバスが食べるから変わらないのではとの意見もあるので、それはその関連する回答に自分の考えを書きます。

 今回は、回答、閲覧ありがとうございました。


関連するキーワード:外来魚問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。