ブラックバスの駆除活動に関して



 Yahoo!知恵袋のブラックバスの駆除に関する質問に答えた時に、ふと思いました。なんでそこまで駆除にこだわるのかと。
 質問内容は以下の文章です。
 Yahoo!知恵袋のシステム上、個別にお答えできないので、当HP上で自分の考えを答えます。

ブラックバス駆除派の方に質問です。

ブラックバスを完全に駆除したいのでしょうか?
在来種との共存では納得いかないのでしょうか?

少し前に、Yahoo!知恵袋のブラックバスの駆除に関する質問に答えた時に、今回の質問が浮かびました。
もちろん在来種の保護は必要だと思います。
しかし、その名目で池を干して、在来魚を生け捕り、外来魚だけ処分することが結構行われていると思います。
灌漑用の池や、利水用のダム湖など、所詮人間の手で作られた水質環境です。

外来魚の駆除とニュースで紹介されるのは、ほぼ上記のような簡単で一見効果が分かりやすいものばかりです。
でも本当に在来魚の保護が必要なのは、琵琶湖やその他の天然湖、および河川ではないかと思います。
なぜこのような場所では、大掛かりな駆除活動をしないのか疑問に感じます。
漁船で捕ったバスを買い取る、網で産卵床ごとすくう、キャッチ&リリースの禁止。どれも絶滅させれるほどの効果はありません。
それなのに、ブラックバスの駆除活動を続ける。行政が魚業組合やら、なんとか団体にお金をバラまき、環境保護しているとのアピールをしているだけにしか見えません。

確かに増えすぎた外来魚の数を抑制することはできると思います。でも駆除する人も完全に駆除できるとは思ってないと思います。
なら外来魚を減らすのはあきらめて、在来魚を増やす方法(自然な隠れ家の設置、産卵場の保護、水質の改善等)に予算を振り分けたほうが効果が持てると思うのですが、そのような考えでは納得できないのでしょうか?
ブラックバスの駆除に使うお金で、琵琶湖に広大な葦原を植林?していく方が、よっぽど在来種の保護になるかと思います。

ちょっと話は変わりますが、アメリカザリガニが、ニホンザリガニの住処を奪って、在来種が減少しています。在来種は減りましたが、生態系としては些細な変化です。しかし昨今、ザリガニ自体の姿を見かけなくなっています。アメリカザリガニを駆除すれば、ニホンザリガニは生息できるのでしょうか? 自分はできないと思います。もう昔の水質環境ではないから。
そもそもアメリカザリガニを完全駆除できませんよね、アメリカザリガニは無視して、なぜブラックバスは駆除しようとするのか。

僕が望むのは、在来種と外来種の共存です。希少生物のいる閉鎖環境の沼や池では、完全駆除です。

長くなりましたが、ブラックバス駆除派の意見を聞きたいと思います。よければ知恵袋で、回答お願いします。09年9月17日までかな。


関連するキーワード:外来魚問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。