ゴムボートとアルミボート比較



 今回はゴムボートとアルミボート(2馬力免許不要艇)の比較を軽く書きます。ただアルミボートは琵琶湖と池原でレンタルで乗ったことしかないです。

 準備の大変さ
 これは同等かな。ゴムボートは膨らまさないといけない。アルミは車の屋根から降ろさないといけない。
 ただ片づけが、すべてを車の中に積み込むゴムボートの方が、大変です。濡れたまま畳んで、車内に積み込むわけにはいかないからね。

  出航(エントリー)
 これも2馬力、エレキと同等装備なら、同じですね。アルミが降ろせないところは、結局2馬力積んだゴムボートはほぼ無理です。
 ゴムボート買う前は、ほぼすべての琵琶湖湖岸道路の駐車場から出航できると思っていましたが、意外に無理です。エレキ無し、エンジン無しなら少々の段差なんか気にせず浮けべれますが、それらを装備して浮かべようとすると、穴が開きそうで怖いところばかりです。浮かべてから、これらの装備を組み込むのも、場所によっては駐車場から離れていて、オカッパリの人も多く、落ち着いて準備できません。
 だからエントリーできる場所って限られていますね。気軽にスロープがあるところは水上バイクに占領されるし・・・。駐車場と湖岸が近いところ、オカッパリのバザーが少ないところ・・・なかなかないね〜。

 走破性、安定性
 これは、2馬力としての比較ですが、あきらかにレンタルの2馬力艇よりゴムボートが安定しています。アルミのように、立ち上がるとグラッと揺れるようなこともありません。
 エレキもスイスイ進みます。アクティバ沖とかで釣りをしていて、隣をプレジャーボートやら減速しないバスボートが通ろうがゴムボートはユラユラ波に乗ります。なんていうか最初の2波を乗り越えるとすぐ安定します。これがレンタルの2馬力艇だとしばらく揺れ続けて怖いです。
 走破性は同じ2馬力なので・・・・両方亀足ですわーい(嬉しい顔)

 居住性
 これは、レンタルの2馬力艇のが、はるかにいいです。ゴムボートはどうしても本体チューブのせいで実際の船内幅が狭いです。
 さらにボートの居住性だけではなく、車の居住性もゴムボートは劣ります。車内に積んでいるため、思ったより場所を取ります。フラットにして、仮眠するのが難しいです。琵琶湖遠征したとき、これが一番きついですね

 総合評価
 自分の中では、ゴムボートにして良かったかなと思います。ただこれからの拡張性(2馬力→9馬力)とかを考えるとアルミでもよかったかな〜とも思いますが。
 ゴムボートの最大の欠点は、車の中で仮眠しずらいことかなわーい(嬉しい顔) ま〜トレーラ引っ張って高馬力のアルミやFRPを浮かべる事は、今の釣行回数だと多分元が取れないと思うから、今の状態が一番かなるんるん

 ブログランキングに参加しています。
 ブラックバス料理を世の中に広げるために、応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
 にほんブログ村
 ポッちとお願いしますわーい(嬉しい顔)



関連するキーワード:ゴムボート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。