彦根港 陸っぱり(090412)



 え〜先週(この記事を書いているのは4月19日!)ショックな出来事のため、琵琶湖行った際の釣日記を書かなかったため、簡単に。
 当初は、赤野井、木の浜、琵琶湖大橋、烏丸半島あたりをゴムボートで攻めようと準備していましたが・・・エアフロアー紛失のため頓挫もうやだ〜(悲しい顔)

 なので早朝3時ぐらいから、矢橋帰帆島の角地で回遊待ちの釣りをしようと模索していって見たら・・・・朝3時なのに先客が2人いて、角地ゲットできず。適当に1時間ほどやってみましたが、ハドルスイマー4.5インチは襲われませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

 角地でないと回遊待ちのモチベが上がらないので、いつもの彦根港へ大移動。

彦根バス


 この日の彦根港の最大サイズは、水路をテクトロしてゲットした32cm。テクトロ(テクテク超ゆっくり歩いて人力トローリングね!)って以外に釣れて、結構好きなつり方です。コンクリ護岸のエグレに結構大きなバス潜んでいます、彦根の40cm台はふと思えば全部岸沿いだったようなるんるん

 2年前、1年前、今年と釣り方的には、そんなに変わらない(釣れないとカットテール4インチのスプリショットがメインに)のに、彦根港での冬春の釣果が年々下がっているんですよね。30cm台なら結構釣れた気がするんだけどな〜。秋に越冬で入ってきたバスを投網でいっぱい捕獲していたからな〜。

 この日は、日曜日の渋滞回避のため昼には琵琶湖を撤収し、午後から矢作川を探って見ましたが、まだまだ岸沿いにはきてないかな〜という感じ。ニゴイが二回ほど追っかけてきましたが・・・バスの姿は見えず。


関連するキーワード:釣行記 琵琶湖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。