シャッドシェイプ(SHAD SHAPE WORM)のミドスト


シャッドシェイプのジグヘッド

ジグヘッド1 ジグヘッド2

 1,2年前あたりから、雑誌とかで話題になっている、シャッドシェイプのジグヘッドリグのミドストですね〜。
 相羽プロみたいなロッドワークはまだまだできませんが、自分みたいな素人でもコバスなら結構釣れます。
 (相羽プロが言うには、コバスが釣れるのは動かし方が悪いと、「一定層を泳いでない、コバスが反応しやすいアグレッシブな動きになっている」だしい・・・=本当のミドストでないとわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 ダウンショットや、ノーシンカーと違って、広く探れて、表層から底まで狙えるので、最近のワームリグの第一投はだいたいこれです。

 使用するサイズは、まず一匹釣りたいときは3インチで、その後大きいのを狙う時は4インチにサイズアップします。

 良く使用するマイカラーは

 BABY BASS

 これ、どこでも釣れまするんるん
 やっぱ、ウォーターメロン系のカラーは万能です。
 画像のカラーは、本日ルアー屋で始めて見た

 305,HLGM,GLD,BLK#000

と型番書いても分からないですよね。背中がBABY BASSの色とラメで、お腹が薄いウォーターメロン色の、ツートンカラーです。
 揺ら揺らと泳がすときに、色の明暗のフラッシング?効果でとても釣れそうな色です。ま〜バスの前に人間がリアクションで釣れるカラーですねわーい(嬉しい顔)

 使用しているジグヘッドは

 障害物周りは、デコイプラスガード(DECOY Plus GUARD)の1/48〜1/16ozを使用しています。
 根ガカリの心配が無いところでは、相羽プロのミドスペショットの1/32〜1/16ozを使用しています。

 気持ち的に釣れそうなので、鉛をマッキーで赤色に塗っていますひらめき
 ワームへの刺し方は、画像にも書いていますが、皮一枚ぐらいの薄刺しです。こうするとユラユラ泳ぐそうです。ただ〜・・・一匹釣れると、もう使えませんね。
 また、このデコイのガード付きジグヘッドは、かなり障害物回避能力が高いです。沈んでいる枝の上を引いてこれます。今回のジグヘッドリグの他に、自作ラバージグの材料にも使用しています。

 表層付近は1/32oz、底は1/16ozと、このリグだけで結構色々試せれるので最近ホント多用しています。

 このリグでの最近の釣果は こちら 「西三河野池」出艇!(090320)
 

関連するキーワード:タックルインプレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。