ルビアス(LUVIAS)2004、他



 自分の現在使用しているリールは

 冴掛ミッジに ルビアス2004
 超ULサイラスに カルディナKIX2506
 フレイムFBVC-601に カルカッタ51
  
 です。スピニングはダイワ派、ベイトはシマノ派です。
 最初の頃、スピニングはシマノを利用していましたが、バイオマスターからカルディナに換えたところ、明らかにライントラブルが減りましたので、ダイワ派になりました。
 バイオマスターだと、新しい糸を巻いた後すぐにベールを返すと、ボわ〜と大変な事になりましたが、ダイワのカルディナやルビアスではそのような事はおきないです。
 ルビアスとカルディナの使い勝手ですが、重さ以外は値段ほど変わらないですね。両方とも不満ないです。
 よく言われるように、飛びのシマノ、ライントラブルが少ないダイワですね。スプールへの糸の巻き方が違うので、飛距離はシマノがいいです。抵抗なく飛んでいく感じです。プラグや沈めるワームにはシマノ、ジグヘッドやふわ釣り系のラインスラッグがでる釣りはダイワがお勧めです。

 ベイトのカルカッタ51は、POP-Xが気持ちよく飛んでいくリールです。少し飛距離がでないのと、バックラした時にリールの足と本体の結合部分の丸い出っ張り?にたまに糸が絡むことが、いまいちな所です。
 また、巻き取りのスピードが遅いので、トップルアーをねちねち動かしたり、4インチほどのスイムワームをゆっくり動かすのに役に立っています。


関連するキーワード:タックルインプレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。