ブラックバスのはんぺん


材料

 バスの切り身・・・・・・適量

 (バスの切り身に対して)
  小麦粉・・・・・・・・5%
  氷(水)・・・・・・・・10%
  旨み調味料・・・・1%
  砂糖・・・・・・・・・・3%
  卵白・・・・・・・・・・5%
  塩・・・・・・・・・・・・3%
  味醂・・・・・・・・・・1%
  
 つけ合せ
  醤油 ・・・・・・・・・・・・・適量
  卸生姜・・・・・・・・・・・適量

 分量外
  さらし用、冷却用の水
  さらし用、冷却用の氷

@ 下ごしらえ
 バスを3枚におろし、皮を剥ぎ、背骨に付いている身もスプーン等で取る。
 切り身の重量をはかり、他の材料の重量をきめ用意する。
 切り身を包丁でこま切りにする。小骨等があったら取り除く。
A 氷水でさらす
 ボール等で細切りにした身を氷水でさらし、かき混ぜて水を捨てる。これを2,3回行う。
 さらし布等で身を包み、水をぎゅと絞る。
B すり身にする
 ミキサー、すり鉢等で塩以外の材料を入れ、粘りがでるまでかき混ぜます。
 塩を入れて、さらに団子状になるまでかき混ぜます。
*ミキサー、すり鉢は氷水をはったボールや鍋に入れて、すり身の温度が上がらないように。
C 揚げる
 バスのすり身、または蒲鉾を適当な大きさに整えて、
油で揚げると完成です。
 蒲鉾を揚げただけなのに、さらに美味しさアップ。お酒のつまみにどうぞ。周りの評判すごく良かったです。

ブラックバスのはんぺん


関連するキーワード:ブラックバス料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。